【投資利益が年収を超えてた】投資初心者の1年目の実践記録【2020年8月~2021年8月】

資産運用

こんにちは、いなごです。

2020年8月に証券口座を開設し、投資を始めてから1年が経過しました。この記事では、投資初心者のリアルな「1年間の投資成績」と「1年間の投資実践での心境の変化」をお伝えします。

サラリーマン
サラリーマン

投資って怖くないの?破産しちゃうヒトもいるって聞くよ。

会社員
会社員

最近、YouTubeで投資動画をよく目にするんだよね。始めたほうがいいのかな?

サラリーマン
サラリーマン

いやいや、初心者が稼げるほど甘くないでしょ。

こんな方にむけた記事です。

先に結果からお伝えします。

1年間の投資:成績

投資金額 :¥23,476,036
評価額  :¥30,811,841
評価損益 : ¥7,335,805
運用利回り: 31.25%

総資産  :¥40,450,782
投資:現金比率…70%:30%

※評価損益と運用利回りは税引き前です。

いなご
いなご

なんと年収超えの利益です!好調すぎる!

コロナ禍の下落相場からの回復の波に乗れたため、想定していた運用利回り5~7%を大幅に上回りました。とてもうれしい誤算。

続いて、投資初心者が1年間投資を実践した結果の心境変化です。

1年間の投資:実践での心境の変化

◆損益に一喜一憂しなくなる
【投資初期】
毎日証券口座にログインして、損益変動をこまめにチェックしないと不安。
【1年後】
MoneyFowordで総資産確認するだけ。

◆労働の大切さを実感する
【投資初期】
投資を始めたら、いつかリタイアできるかな?
【1年後】
資産形成には入金力が大切。サラリーマンの安定給与ってホントにありがたい。

いなご
いなご

損益変動にだいぶ慣れました。意外にも投資を通じて、働いてお金を稼ぐことの大切さを実感。

この記事では、投資を始めるか悩んでいる方に、初心者投資家のリアルな1年間の実践結果をお伝えします。投資にすこしでも興味を持っていただき、行動に移す手助けになれば幸いです。

それでは、いきましょー!

1年間の投資成績

右も左もわからないまま始めた投資ですが、1年が経過しましたので現時点の投資成績をまとめました。
結果として、大きなリターンがありました。投資始めてよかったぁ。

投資の目的

サラリーマンの方ならわかると思いますが、生活していくためのお金がないと、どうしても会社のいいなりになってしまいます。まるで、現代の奴隷です。

奴隷から脱却するために、いつでも会社を辞められるだけ後ろ盾としてのお金を蓄えること。これが、投資目的です。

ちなみに、海外では、このお金を「ふぁっきゅーまねー(Fuck-you money)」と呼びます。仕事で上司に詰められたときに、「ふぁっきゅー!」っと言い放って会社を辞めるためのお金です。

いなご
いなご

精神的に追い込まれてまで、会社にしがみつきたくない!

いつでも、会社に対して「ふぁっきゅー!」と言い放てるように、投資を継続していきます。

投資の目標

最近のトレンドはFIRE(経済的自立と早期リタイア)ですね。わたしの投資の目標は、経済的自立(FI)を達成することです。

・今の生活水準だと、年間200~300万円あれば生きていける。
・利回り4%(税引き後)で資産運用した場合、金融資産が5,000~7,500万円あれば、利息だけで生活ができる。  

いなご
いなご

40歳までに金融資産:5000万円を達成を目指したい!

大切なのはFI(経済的自立)で、RE(早期リタイア)するかは、そのときの自分が決めます。現時点で仕事を楽しくやれているので、この状態が継続することを祈っています。

投資初心者さん
投資初心者さん

いつでも会社を辞められるという選択肢が大切なんだね!

※ちなみに、この考え方は、会社にとってもプラス。なぜならば、仕事に生活が懸かっているヒトは保守的な仕事しかできません。生活に余裕があれば、変化を恐れず挑戦的な仕事ができます。適切なリスクが取れるのです。

会社の成長・継続には挑戦ができる人材が必要不可欠ですからね。

投資銘柄の紹介

現在のアセットアロケーション(投資先)はこんな感じです。

投資初心者さん
投資初心者さん

米国株が半分以上を占めているんだね!

いなご
いなご

USA! USA!

米国は世界経済の中心であり、過去の投資成績からも非常に優秀であることがわかっています。また、人口動態を見ても将来性があります。一方で、過去の投資成績と未来の成績は必ずしも一致しないので注意が必要です。

また、投資先やリスク資産の比率は、各個人のリスク許容度で変わってきます。いなごの場合は30代 独身の現役サラリーマンなので、リスク許容度は高めにとっています。

一般的には「キャッシュ比率=年齢 」と目安として言われていますね。高齢になるほどキャッシュ比率を高めて変動(リスク)を下げる必要があるためです。

投資銘柄の概要

【将来のための資産運用】
米国株のS&P500インデックスファンドがメイン。
【継続のための資産運用】
高配当株…米国株ETFと高配当日本株。
【スパイスとしての投資】
インドネシアETF、仮想通貨
【分散のための資産】
米国債と現金(待機資金と生活防衛費)

S&P500は米国のトップ500社に投資ができる指数ですね。成績の悪い会社は対象から外れていき、有望な会社が組み込まれていきます。つまり、個別株の選定のような必要が全く必要がなく、手間暇が掛からないのでオススメです。

高配当株は、投資を継続するために取り入れています。不労所得(配当金)が年々増えていくのは、見ていてとても楽しいです。マネーマシンを作っている感覚です。

投資で夢を見るために、新興国(インドネシア)と仮想通貨(BTC、IOST)も購入しています。こちらはゼロになっても問題はないけど、100倍になったら嬉しい金額を投資しています。

さいごに、分散のための資産です。これは株式が暴落したときに、買い増しするための資金です。リバランスとも言います。米ドル(米国債ETF)と日本円で持っています。サラリーマンとしての給与がここに蓄えられていきます。

投資方法の詳細

2020年8月から始めた投資。サラリーマン生活10年で稼いだ貯金が3,000万円あったので、これを元手に約1年かけて、ドルコスト平均法で時間分散を効かせて投資をしました。

いなご
いなご

一括投資をするか、分散投資するかをとても悩みました。投資に慣れるためにも短期の分散投資としました。

結果だけをみれば、一括投資が最適な市場でした。ただし、これは結果論に過ぎませんので、投資初心者はメンタル的にも時間分散を効かせることをオススメします。

積立の頻度と金額

【SBI-VOO投信】
毎週10万円積立。累計880万円
【HDV、SPYD】
毎月10万円積立。累計250万円
【LQD】
毎月10万円積立。累計150万円
【VIG】
スポットで購入。累計150万円
【仮想通貨】
スポットで購入。累計 40万円
【高配当日本株】
スポットで購入。累計200万円
【WealthNavi】
スポットで購入。累計 50万円   

約1年で貯金から大体2,000万円ぐらい積立おわりました。

いなご
いなご

投資を始めて2~3か月くらいまではドキドキでした。毎日、寝る前に損益チェック。損益が黒字になるにつれて、損益チェック頻度が下がっていきました。

現在は下記の自動積立を実施中です。

いなご
いなご

自動積立が日々の損益に惑わされず機械的に積み立てられるので快適です!

2021年8月時点の投資先

SBI-VOO投信 :つみたてNISA 33,333円/月
楽天‐VOO投信 :50,000円/月
SPYD      :55,000円/月…13口/月ぐらい。
HDV      :55,000円/月…5口/月ぐらい。
VIG      :55,000円/月…3口/月ぐらい。
LQD     :積立中止
EIDO      :50,000円/月…15口/月ぐらい。
IEF      :50,000円/月…3口/月ぐらい。
高配当日本株 :スポットで気になった株を。500,000/年

投資初心者さん
投資初心者さん

1年で460万円の積み立て!

いなご
いなご

買いたいものを積立設定していたらこんなことに!頑張って働きます。。。

これだけの金額を入金しようと思うと、サラリーマンの給与(稼ぐ力)と節約(貯める力)が大切です。継続できるようにがんばっていきます。

投資成績

2020年8月~2021年8月の投資成績です。

1年間の投資:成績

投資金額 :¥23,476,036
評価額  :¥30,811,841
評価損益 : ¥7,335,805
運用利回り: 31.25%

総資産  :¥40,450,782
投資:現金比率…80%:20%

※評価損益と運用利回りは税引き前です。

総資産推移はこんな感じです。

もろもろ集計し始めてからのグラフです。企業DC(iDeCo)も含みます。

コロナ禍の下落相場からの回復の波に乗れたため、きれいな右肩あがりです。投資を始めてよかったなぁと実感します。

投資銘柄に対する感想

米国株S&P500:VOO投信

最近のTwitter株クラ界隈では、「全世界株式(VT)か、S&P500(VOO)を買っておけばOK」というのがトレンドですが、1年の投資経験を経て、「その通りだな」と実感しました。ETFではなく。投信で購入していますので配当金は自動で再投資されます。税制面では有利になります。

【評価損益:VOO投信+38%】

米国高配当株(ETF):HDV、SPYD

2020年8月ごろは、HDV、SPYDはコロナショックで大幅下落していました。特にSPYDは、各方面でオワコンとたたかれていました。気にせずに積立投資を実践した結果、コロナ禍の回復相場の波に乗り、高配当株を割安に仕込むことに成功しました。配当金の利回りもよく、さらに、評価損益もプラスのカワイイやつです。

配当金は現在の自分へのお小遣いです。投資成果を実感しやすいのが特徴です。
高配当株式への投資は、投資自体を継続するためのエッセンスとしてオススメです。


【評価損益:HDV +15%】
…簿価利回り4.1%
…受取配当金$1,068/年
【評価損益:SPYD+34%】
…簿価利回り6.4%
…受取配当金$1,555/年

※簿価利回りはSBI証券の分配利回り取得単価から計算。受取配当金は税引き前

米国連続増配株(ETF):VIG

投資を勉強していくなかで、気になった銘柄で、スポット購入しました。過去10年連続増配を続けている会社が投資対象で、ディフェンシブ(暴落体制が強い)という特徴があります。一方で、GAFAのような成長株が含まれないため、VOO(S&P500)よりは低リスク低リターンといった印象です。増配していくため、将来は高配当株に化けることを期待しています。

【評価損益:VIG+18%】
…簿価利回り1.8%
…受取配当金$248/年

※簿価利回りはSBI証券の分配利回り取得単価から計算。受取配当金は税引き前

米国高配当社債(ETF):LQD

LQDは、中リスク・中リターンの投資適格社債ETFです。毎月配当金がもらえます。株式だけではアセット分散ができていないと思い、債券を購入しました。しかし、国債と違い、社債はほとんど株価と同じ動きをすることがわかり、購入を中断しました。放置して小銭配当を永遠にもらい続ける予定です。

【評価損益:LQD ‐1.86%
簿価利回り2.3%
受取配当金$319/年

※簿価利回りはSBI証券の分配利回り取得単価から計算。受取配当金は税引き前

米国国債7-10年(ETF):IEF

LQDの代替として購入したのが米国国債ETFのIEFです。株と債券は逆の値動きをすると言われており、株が暴落したときには、債券価格が上昇すると言われています。つまり、株の暴落時には債券を売って株を買い増し、株の高騰時には株を売って債券を買い増します。これをリバランスといいます。

実際に購入してみた感想としては、キャッシュで持っておくのと大差がないかなという感じ。株の暴落というのはキャッシュの価値が上昇しているのと同じですからね。通貨分散(米ドルと日本円)ぐらいの感覚で定期積立をしていきます。

【評価損益:IEF +0.36%】

高配当日本株

カントリーリスクの分散のために、米国株だけではなく、日本株にも投資しています。日本株高配当ETFがあれば楽なんですが、有用なものはありません。このため、有名ブロガー「こびと株さん」のオススメ銘柄を参考にして、現在28社に分散投資をしています。

【評価損益:高配当日本株 +19%、簿価利回り4.3%、受取配当金は¥95,000/年】

仮想通貨

ゼロになっても問題はないけど、100倍になったら嬉しい金額を投資しています。具体的には、ポートフォリオの1~3%を投資。ビットコインとIOSTを持っています。もっとも高値のときからは半減していますが、損益は大幅プラスです。仮想通貨は日々の値動き(ボラティリティ)がスゴイです。通貨としての役割を持つときには値動きが安定していると思うので、その日までホールド&放置です。

【評価損益:BTC +291%】
【評価損益:IOST +255%】

WealthNavi(ロボアドバイザー)

購入銘柄が秀逸なロボアドバイザーです。好奇心から¥500,000を投資しました。ロボアドに詳しい方はご存じだと思いますが「手数料1%」が取られます。私の場合、手数料¥5000払って、¥140,000増やしてくれたことになりますね。偉い。

投資初心者(ETFとか勉強する時間がない方)には十分な利益です。特に、投資を勉強していく中で、個別株、高レバ投信、仮想通貨、怪しい情報商材などに手を出さずに済むと考えると、より正解に近いかと。また、下落相場の狼狽売りとかを避けるためにも、ロボアドに機械的に積立てしたほうが投資成績が良くなりそうです。

長期目線では手数料1%はバカにできませんので注意が必要ですね。ETFの自動積立は、少し勉強すればできますので。

【評価損益:WealthNavi +28%】

1年間の投資:実践での心境の変化

投資初心者が投資を始めて1年経過しました。
1年間の心境変化はこんな感じ。

1年間の投資:実践での心境の変化

損益に一喜一憂しなくなる
投資初期:毎日証券口座にログインして、損益変動をこまめにチェックしないと不安。
1年後:MoneyFowordで総資産確認するだけ。月給分の資産変動が起きても気にしない。

◆労働の大切さを実感する
投資初期:投資を始めたら、いつかリタイアできるかな?
1年後:資産形成には入金力が大切。サラリーマンの安定給与ってホントにありがたい。

投資初心者の心境変化記録

投資し始めの時は、とにかく日々の値動きが気になりました。なにせ、潜在的に、株式投資=破産というイメージがあるためです。この感覚は日本人特有でしょうか。

投資初心者さん
投資初心者さん

投資って、なんか怖い。

実際の投資開始からの1年間の心境変化はこんな感じでした。

◆投資開始~1か月
・毎晩スマホを握りしめて損益をガン見。
・損益がマイナスになりがちで不安。
・不安からの疲れ。仕事中も少しそわそわ。
・投資を始めたことを周りに話したくなる。(話さないけど)

◆投資開始~3か月
・損益変動にだんだん慣れてくる。
・すこしずつ利益が出始めたので、安心し始める。
・投資に関する情報を、雑誌・書籍・ブログ・Twitterで仕入れて、新しい銘柄が気になる。
・その結果、買っている銘柄が合っているのか不安になる。
・利確が必要なのか悩む。
・投資で利益がでていることを周りに話したくなる。(話さないけど)

◆投資開始~6か月
・積立設定や銘柄選定もひと段落し
・投資に対する熱い思いが、ほどよく冷める。
・損益のチェックは1Weekに1回程度まで下がる。
・1日で月給以上の資産変動も「またか」という感覚になる。
・インフルエンサーの目的は、広告収入ではないかと懐疑的になる。
・投資に関する情報収集も一通り終わり、米国S&P500インデックスファンドが最適解と考える。
・税金に対する知識も付き始める。
・仮想通貨の日々のボラティリティを楽しむ。(眺めるだけ)
・仮想通貨で利益がでていることを周りに話したくなる。(話さないけど)

◆投資開始~1年
・自動積立設定に従い、機械的に積立を進める。
・MoneyForwardで総資産推移を一括して確認。証券口座にログインしなくなる。
・未来の株価は誰にも読めないと知る。
・テクニカル分析もファンダメンタル分析も、効果がないと知る。
・指数連動のETFしか買わないので、個別銘柄分析をしない。
・小難しい投資の名著を読み始める。
・書籍を読んだ結果、広く分散された米国インデックスファンドが最適解と再認識。
・一般人には積立投資しか選択肢がないことに気づく。入金力が命。
・サラリーマンの給与・労働力の大切さを再認識。
・サラリーマンとして営業キャッシュフローを高めることが大切と気づく。

いなご
いなご

投資は入金・積立・継続が大切という考えに至りました。

まとめ

1年間の投資成績はこちらです。

1年間の投資:成績

投資金額 :¥23,476,036
評価額  :¥30,811,841
評価損益 : ¥7,335,805
運用利回り: 31.25%

総資産  :¥40,450,782
投資:現金比率…80%:20%

※評価損益と運用利回りは税引き前です。

日米株合わせた配当金は、ざっくり40万円/年ぐらいになりました。月に3万円ほど自由に使えるお小遣いがある状態です。スマホゲーに課金して日本経済の消費活動に貢献したいと思います。

いなご
いなご

投資を始めた1年前の自分を褒めてあげたい!

1年間の投資実践での心境の変化はこちらです。

1年間の投資:実践での心境の変化

損益に一喜一憂しなくなる
投資初期:毎日証券口座にログインして、損益変動をこまめにチェックしないと不安。
1年後:MoneyFowordで総資産確認するだけ。月給分の資産変動が起きても気にしない。

◆労働の大切さを実感する
投資初期:投資を始めたら、いつかリタイアできるかな?
1年後:資産形成には入金力が大切。サラリーマンの安定給与ってホントにありがたい。

投資初心者さん
投資初心者さん

投資初期の不安は、1年もすれば無くなっていくんだね!

投資を始めるか悩んでいる方に、初心者投資家のリアルな1年間の実践結果をお伝えしました。
投資にすこしでも興味を持っていただき、行動に移す手助けになれば幸いです。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました